やめられない!?止まらない!?
“超長文ツアー報告”をご覧ください!!(笑)

はーい!!!お待たせしました~!!!\(^o^)/

今回は、3/3~8で行ってきました『パラオツアー』の
ツアー報告その2をお送りしたいと思います♪(*^^)v

まさか・・・あんなことになるとは・・・
良かったら最後までお付き合いください♪

それでは、どうぞ~!!!(*^^*)

【 パラオダイブその1 -初日からスゴイんですぅ♪- 】

3月4日(金)。ツアー2日目。乾季中のパラオだが、どうやら夜中にスコールがあったらしく、窓から見えるヤシの木からは、光り輝くしずくが滴っている。晴れ男を公言している私にとって、スコールなどというものは雨ではなく、もはや我々を歓迎する祝砲のようなもの♪なので全く気になりませーん(笑) さて、今回お世話になるダイビングショップは、前回のツアーでも好評だった《クルーズコントロール》さんです!今回も朝のピックアップ時間を朝9時に遅らせてもらい、ギリギリまで部屋でのんびり♪(^^)/ 準備が整ったところで、クルコンさんの送迎車に乗り込み、一同ダイビングショップへ。そして、ホテルから5分ほどでショップに到着。ショップの前では、スタッフの皆さんが『おかえりなさい♪』と言わんばかりの、満面の笑みでお出迎え!ショップ内は相変わらずお洒落で、水やジュース、コーヒーや昆布茶などの温かい飲み物なども飲み放題なので、ショップにいる間は、喉の渇きを心配する必要がない。さて、今日パラオの海をガイドしてくれるのは、小柄で笑顔が素敵なのぞみさん!ダイビングに行く前に、スケジュールや注意事項などの説明を聞き、のんびり準備開始。今回もガイドさんの他にバックもついてくれるとのことなので、これには皆さんのひと安心♪そのバックについてくれるのは、ダイブマスター修行中のチヒロちゃん!しっかり日焼けした、いかにも元気っ子って感じ♪そうそう、気が付けば、私以外全員女性♪(船長さん以外ね)まさにハーレム状態じゃないですか~!(*^^*) ココロウキウキでウエットスーツに着替えて、いざパラオダイブへ出発でーす!!!\(^o^)/

パラオホテル パラオ 水路 パラオ2016341

 

・1本目 ポイント名『ジャーマンチャネル』 水温29℃ 透明度20m

ナポレオンフィッシュ、オオメカマス、ホウセキキントキ、インドオキアジ
ホワイトチップシャーク、グレイリーフシャーク、チンアナゴ、マンタ

港を出発して高速ボートで進むこと約45分。ポイントに到着。パラオでも有名なマンタのクリーニングステーションがあるポイントだが、この時期、普段いるマンタはヤップ方面に恋人探しに行っているらしく、見られないことが珍しくないとのこと。まぁ、居ても必ず見られるってわけではないですからね!※2年前の記憶が…(笑) 魚がいないわけではないので、何が出るかはお楽しみ!!ということで、エントリー開始です!!!(*^^)v

…水温は29度。言うまでもなく、温かくて気持ちいい~♪(*^^*) まず最初に、マスククリアとレギュクリアのスキルチェックを受けてもらいます。まぁ、普段のスキンレッスンに比べたら、ちょろいもんですね♪(笑) スキルチェックも無事に終わり、お魚タイムのスタートです!(^^)/ 中性浮力に気を付けながら進んでいくと、カスミアジやホウセキキントキ、砂地にはガーデンイールが顔を出しています。すると、メンバーのTさんが岩陰に潜む大き目の個体を発見!そこには体長1mほどのホワイトチップシャーク!一気にテンションが上がる私とTさんでしたが、サメ嫌い(というか怖い)のYさんにサメの存在がバレないようにして、静かに写真に納め、次へ移動。でもその移動中、こちらに泳いで向かってきたのが、これまた体長1mを超えるグレイリーフシャーク(笑) このあとも数匹のサメに出会いました!(襲うサメではないのでご安心を♪)さて、砂地を移動中に、別のダイバーグループと鉢合わせ。「まさか…」と思って見てみると、そのまさかが大当たり!成田空港で会った高橋氏ではないですか!!(笑)陸上ではなく、パラオの海中で会うとは…(笑)さすが、海中探検隊のボス♪(このあと、帰りの空港まで会うことはありませんでした)アイコンタクトだけして、ダイビングの続きへ。カマスの群れや大きなケショウフグを見て、そろそろ終わりかなーなんて思っていた次の瞬間、ガイドののぞみさんが水中ベルを思いっきり鳴らしているので、指を指す方向を見てみると…、なんとマンタが泳いでいるではありませんか!!!ホントたまたまだけど、見事ファーストダイブでマンタをGET!!!(*^^)v潜水時間は45分、大興奮で1本目終了です♪(^^)/

パラオ スキルチェック パラオ ホワイトチップ パラオ キントキ パラオ カマス

 

2本目 ポイント名『ブルーホール』 水温28℃ 透明度25m

ハナミノカサゴ、ウコンハネガイ、フチドリハナダイ、ハナビラクマノミ
タイマイ、ベンテンコモンエビ

時計を見ると12時も近かったので、2本目の前にランチタイム♪クルコンさんが用意してくれたお弁当とボートの上で温め直してくれたお味噌汁を頂きます!デザートにリンゴもいただき、お腹も満たされ、睡魔に襲われながらも、準備をしていざ2本目へ。お次はパラオで有名な地形ポイントです!エントリーして、水中にポッカリ開いた横穴からホール内へと移動。上を見上げると、上にもポッカリ開いた縦穴。その縦穴から差し込み光がなんとも幻想的☆…なはずだったんですが、残念ながら曇ってしまい、光のシャワーはお預け。でもその代わりに、ダイバーの輪を作って、のぞみさんに撮ってもらいました♪(^^)/ 生物は、ベンテンコモンエビやウコンハネガイ、孵化しそうなクマノミの卵を見て、横穴から外洋へ。安全停止もしっかりとって、潜水時間は40分で2本目終了~!(^^)/

パラオ2016yy パラオ2016kt パラオ2016yi パラオ2016ke 

パラオ ブルーホール パラオ201603042 パラオ クマノミ 卵

 

3本目 ポイント名『デクスターウォール』 水温28℃ 透明度25m

アオウミガメ、ツバメウオ、オレンジフィンアネモネフィッシュ、ノコギリダイ
クロヒラアジ、ホソフエダイ、ヤマブキスズメダイ、オキフエダイの大群!!

休憩後、TさんとEさんと一緒に3本目へ。YさんとIさんはお留守番です。さて、エントリーしてすぐのところで、サンゴの上で昼寝中のカメさんを発見!近づいても逃げないので、カメさんと一緒に記念撮影♪写真に納めたところで、お次へ移動。移動中もグレイリーフシャークやツバメウオが真横を泳いでいきます。ゆっくりドロップオフ沿いを進んでいくと、そこにいたのは、数百…いや数千匹にもなる、黄金色をしたオキフエダイの大群!!!「金運が上がりそうですね♪」とスレートに書くのぞみさんでしたが、その数の多さに只々圧倒される一同でありました☆(^^)/ なかなか見られない大群をあとに、安全停止へ。潜水時間は45分、大満足で初日のダイビングが無事に終了です!!\(^o^)/ 

パラオ20160304031 パラオ2016newdropoff

パラオ2016 カメ パラオ2016フエダイ 

…ショップへ戻り、片付けと着替えを済ませ、ホテルへ。ダイビング初日のディナーは、パラオ料理が楽しめる「どらごん亭」へ!さすがにパラオ料理のコウモリスープには挑戦しませんでしたが、美味しい料理と美味しいお酒♪初日から大いに盛り上がり、パラオの夜が更けていくのでありました…☆(*^^)v

※その3へ続く・・・http://oscx.jp/2016/03/18/palau-2016-3/