感動の連続!陸海でパラオを満喫♪

ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます!(^^)/

今回は、3/3~8で行ってきました『パラオツアー』の
ツアー報告その4をお送りしたいと思います♪(*^^)v

最後まで“まさか!?”の連続です(笑)
それでは、どうぞ~!!!(*^^*)

【 パラオダイブその3 -陸でもバラクーダ!?- 】

3月6日(日)。ツアー4日目。時間は朝6時半。この日も天気は朝から快晴!毎朝の楽しみになっていたマンゴージュースと、前日にスーパーで買ったパンを頬張り、ゆっくり準備を始める。ピックアップ時間の8時だが、フロントの前しかwi-fiが入らない為、少し早めにフロントへ。無事に皆さんが集まったところで、クルコンさんの送迎車に乗り込み、一同ダイビングショップへ。そして到着後、前日同様ゆっくりと準備開始。さて、ダイビング最終日のガイドは、初日に戻ってのぞみさん!そしてバックは、連日のタカシくんです!ボートもまた私たちだけの貸切ボート♪(*^^)v ダイビング最終日、楽しんでいきましょう!!!\(^o^)/

パラオ2016030601 パラオ2016030602 

パラオ2016030603

 

・1本目 ポイント名『グラスランド』 水温29℃ 透明度30m

オオメカマスとオオカマスの群れ、カンムリブダイ、グレイリーフシャーク
スカシテンジクダイ、キンメモドキ、ハダカハオコゼ、ホウセキキントキ
インドオキアジとメアジの群れ、チンアナゴ、スパゲティイール

今日はウーロン島方面へ。港を出発して約45分くらいでポイントに到着。雲ひとつない天気と、エメラルドブルーに輝く海♪(*^^)v 見ているだけで幸せな気分になれます☆(*^^*)☆ ゆっくり準備してエントリー開始!水中は流れもなく、水底の砂地が輝いてみえます♪中性浮力を取りながら砂地の上を移動していくと、まずはカマスの群れがお出迎え!そして、砂地に着底してみると、ガーデンイールがいっぱい!中には幼魚なのか婚姻色なのか、真っ黒のガーデンイールも(笑) サンゴ礁にはスカシテンジクダイやキンメモドキの群れ。そして黄色のハダカハオコゼ!マクロレンズの出番が無かったこれまででしたが、ここぞとばかりにマクロモードに切り替えて大連写!(笑) やっぱりマクロはええなぁ♪(*^^)v 最後はインドオキアジとメアジの群れに囲まれて、潜水時間は40分、1本目終了でーす!!(^^)/

パラオ2016カマス パラオ2016オコゼ 

パラオ2016030622 パラオ2016030623

・・・休憩中、ボートキャプテンが何気なく始めたフィッシング。その釣竿がYさんのもとにわたり、ここからボートを走らせながら釣りタイム!これはまさしく、“松方ひろき、世界を釣る”でお馴染みのトローリングスタイルではありませんか?(笑)『釣れたら面白いですね~♪』なんて冗談で話していたら・・・、ま、まさかのヒット!!!なんと、1m級のバラクーダが釣れちゃいましたーー!!!\(^o^)/

パラオ2016釣りでバラクーダ

 

・2本目 ポイント名『シアスコーナー』 水温29℃ 透明度30m

オオメカマスの群れ、インドオキアジの群れ、イトヒキアジ、イソマグロ
カスミアジ、ヨコシマサワラ、バラフエダイ、グレイリーフシャーク大盛り

バラクーダの興奮冷めやらぬ中、2本目へ(笑) 準備をしてエントリー開始。水面が少し流れているので、しっかり潜降ロープで水中へ。コーナーの先まで移動すると、ブルーコーナーほどでは無いにしても、そこそこの流れが。(^^;) 皆さん、壁に掴まりながら魚を見ます・・・って、壁の方を向いたまま魚を見てなーい!(笑)ちゃんとお魚さんを見てくださーい!!(笑) そこには、オオメカマスやインドオキアジの群れがいっぱい!イソマグロの軍団や珍しいイトヒキアジのペアまで見れました☆あとは求愛中のナポレオンに、メスを狙ってオスのグレイリーフシャークが大盛り!いろんな群れを楽しんで、潜水時間は45分、2本目が終了ーー!!(^^)/

パラオ20160306222 パラオ20160306223 パラオ20160306224

 

・・・ダイビング後、ウーロン島でランチタイム♪(^^)/ さきほど釣ったバラクーダをキャプテンがさばいてくれました!新鮮なバラクーダの刺身、めっちゃ美味かったです♪(*^^)v あとは、上陸して記念撮影したりして、のんびり南国タイム☆(*^^*)☆

DSC03892 パラオ2016ウーロン2 パラオ2016ウーロン2

パラオ2016ウーロン3 パラオ2016ウーロン4

 

・3本目 ポイント名『ウーロンチャネル』 水温29℃ 透明度30m

タイマイ、キヘリモンガラ、ホウセキキントキ、イッセンタカサゴ
ラディーフュージュラー、グレイリーフシャーク、キャベツコーラル

パラオ最終ダイブです。ゆっくりエントリーしてチャネル(水路)に向かいます。その真横をグレイリーフシャークが通り過ぎていきます。サメを怖がっていたYさんも、ここまできたら慣れたもんです(笑) そして水路へ。心配された流れもかなり弱いものになっていて、のんびりダイブには最適なほど♪(^^)/ 気性が荒いキヘリモンガラだけに気を付けて、あとはホウセキキントキの群れがいたり、タイマイがいたり・・・。砂地も綺麗で、マイタケのようなキャベツコーラルものんびり観察。潜水時間は45分。ダイビング最終日にふさわしい、大満足のウーロンダイブでした!ショップに戻って、帰りに記念撮影。のぞみさん、2日間のガイドありがとうございました!!!\(^o^)/

パラオ20160306331 パラオ20160306333

パラオ20160306334 パラオ20160306335

 

ホテル到着後は夕食までフリータイム。今晩の夕食は、パラオホテルのすぐ下にある『九州居酒屋』さんです!明日は、これまたクルコンさんのところで、ジェリーフィッシュレイクや泥パックを楽しむ、ロックアイランドツアーに出掛けます♪(^^)/ 最終日もまだまだパラオの海を満喫しますよ~!!!\(^o^)/

※最終話へ続く・・・http://oscx.jp/2016/03/19/palau-2016-5/