東京や横浜の室内プールでスノーケリング・スキンダイビング・スクーバダイビングの教室を開催しています。

耳抜きとヘッドファーストを身につける

  • HOME »
  • 耳抜きとヘッドファーストを身につける

スキンダイビングを楽しむ上で、是非とも身につけておきたいスキルといえば、耳抜きとヘッドファーストではないでしょうか。スキンダイビング初心者に向けて、耳抜きとヘッドファーストのやり方を紹介していますので、上達したいと考えている方は参考にしてみてください。

耳抜き

水の中に潜ると、水圧の影響で耳の内部に痛みや違和感を経験することがあります。耳抜きをせずに深い場所まで潜ると鼓膜にダメージを与えますので、必須のスキルの1つと言えるでしょう。耳抜きのやり方は以下の3つの方法があります。

  • バルサルバ法:鼻から息を吸い込んで、口を堅く閉じ鼻をつまんだ状態でゆっくり息を吐く。
  • フレンツェル法:鼻をつまみ、上顎へ向けて舌の根元を持ち上げる。
  • トインビー法:鼻をふさぎ、ツバを飲む。

上手くいない時は、抜けない側の耳を上に向けたり、顔を前に向けてやってみたり浮上して再度挑戦するなどを試してみてください。無理に耳抜きを行うと耳を痛めてしまいますので、ベテランダイバーやインストラクターに相談してください。耳抜きがどうしてもできない場合は、耳に異常が起きている可能性がありますので、気になる方は耳鼻科への受診を検討してみてください。

ヘッドファーストのやり方

効率的に海へ潜るためには、ヘッドファーストという潜降方法が有効です。マスターすれば、海の楽しみがさらに広がります。まずは、呼吸を整えてうつぶせの姿勢と取りましょう。次に、息を吸い込んだら体を垂直に曲げて、上体を水中に潜り込ませます。足を上げて体を真っ直ぐな状態にすると、頭と足の重みで体が沈みます。体全体が水中に入ったら、キックで目的の深さまで潜り、水平の姿勢に移りましょう。

スキンダイビングを楽しむために、耳抜きとヘッドファーストのスキルをしっかりと身につけたい方は、是非OSCの教室へお越しください。横浜と東京で講習を開いていますから、埼玉にお住まいの方もご検討ください。スキンダイビングはもちろん、スノーケリングやスクーバダイビングも指導しています。室内プールでレッスンを行いますので気軽に体験して頂けます。

お気軽にお問い合わせください TEL 080-2381-3201 受付時間 8:00 - 20:00 (年中無休)
※電話が繋がらない場合は、
お問い合わせフォームからお願い致します。

PAGETOP
Copyright © NPO法人エバーブルージャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.