東京や横浜の室内プールでスノーケリング・スキンダイビング・スクーバダイビングの教室を開催しています。

スクール

  • HOME »
  • スクール

snorkeling≪スノーケリングとは?スキンダイビングとは?≫
マスク・スノーケル・フィンを使用し、スノーケリングは水面から海などを楽しむもので、スキンダイビングは水中から海などを楽しむもの。マスクとスノーケルを使用することで、視界と呼吸が確保され、フィンを使用することで、泳ぎに自信が無い方でも、比較的簡単に水面、あるいは水中を移動することができる。スノーケリングでは、水泳のような連続した息継ぎを必要としない。一方でスキンダイビングは水中に潜るため、潜る技術も去ることながら、多少なりとも息こらえが必要になる。スノーケリングもスキンダイビングも、実施する際には、ウエットスーツやスノーケリングジャケットなどを着用することで、より安全性が上がり、体の保温と保護のためにも必要であると考えます。
※ちなみに《スノーケリングとシュノーケリング》は同じ意味です(笑)


≪スクール(教室)では、何を練習するの?≫

「スノーケリングは、マスクを付けてスノーケルで呼吸をしてフィンを履いて進むだけの簡単なものです!」

・・・間違いではありませんが、その教えは大変危険です。

マスクが付けられて、スノーケルで呼吸ができて、フィンキックで進むことができれば、誰でも簡単にスノーケリングを楽しむことができます。しかし、突然マスクやスノーケルの中に水が入ってきたら・・・、足のつかないところで、マスクやフィンが外れてしまったら・・・、マスクの中に完全に水が入ってしまったら、ほぼ見えなく、人はパニックになります。スノーケルに入ってしまった水を少量飲んでしまっただけで、人はパニックになります。その状況で、アナタは慌てない自信がありますか???

OSCでは、スノーケリングやスキンダイビングに必要なスキル練習はもちろんですが、【できるようになること】よりも、【できないことをより多く体験すること】を重視しております。

スノーケリングやスキンダイビングを安全に楽しむには、マスククリアやスノーケルクリアなどの、必要なスキル練習とともに、【色々なアクシデントをいっぱい体験しておくこと】が、とくに重要だと考えています。より多くの方に、スノーケリングやスキンダイビング、スクーバダイビングをより安全に楽しんで頂くためにも、OSCでは、より多くの方にご参加頂ければと思っております。

スキンダイビング 久米島の水中集合写真

お気軽にお問い合わせください TEL 080-2381-3201 受付時間 8:00 - 20:00 (年中無休)
※電話が繋がらない場合は、
お問い合わせフォームからお願い致します。

PAGETOP
Copyright © NPO法人エバーブルージャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.